スーパーマーケットの店員さんのための接客英語・英会話

スーパーマーケットの英会話販売業

スーパーでバイト始めたけど、時々外国人のお客さんが来て困ることがある。

英会話を習っているけど、実際にスーパーでの対応ではあまり役立たないな

そこでそのようなお困りの方のために、 スーパーマーケットに特化した英語を学習教材を作成しました。

最初に、 スーパーマーケットでよく使う英語フレーズをご紹介します。

また、 それらの一部の英語フレーズをもとにYouTube動画も作成しましたので、動画もぜひご利用ください。

動画は頭で考えずに、自然と口から出てくるように英語を自動化させるために、通訳訓練法のクイックレスポンスとシャドーイングを取り入れています。

これらの英語フレーズは、接客だけでなく海外旅行でスーパーマーケットに行くときにも役立ちますので、スーパーマーケットで働くかただけでなく、海外旅行に行かれる方もぜひご活用ください。

最後に、もっと詳しく学びたい方のために、 スーパーマーケットの接客英語を学べる書籍もご紹介します。

自己紹介
大学の教員で、インバウンドや英語教育を専門に研究を行っており、英会話関係の書籍や英語の論文を多数発表しています。海外生活通算6年以上。また、観光庁の「観光人材のインバウンド対応能力強化の研修会」の認定1級講師で、英語の通訳ガイドの資格を持っています。

スーパーマーケットの英会話フレーズ

スーパーマーケット

最初に、スーパーマーケットでよく使う英語フレーズを場面別にご紹介します。

スーパーマーケットでの挨拶・呼びかけなどの英語

「いらっしゃいませ」は英語にはありませんので、あえていうなら、「Hi」や「Hello」になります。

あるいは、その後に「How are you?」と続けてもいいでしょう。

日本語の「すみません」は謝罪・呼びかけ・感謝の意味があります。

「すみません」のひと言で3つの役割をこなします。

そのため、「すみません」を英語にすると「Sorry」「Excuse me」「Thank you」のどれかになります。

すみません=Sorryと思い、海外でSorryを連発している日本人を時々見かけますが、きちんと使い分けられるようにしましょう。

なにも悪いことをしていないのに、Sorryは使わないように。。

スーパーなどでは、お客様に呼びかけることが多いと思いますので 「Excuse me」です。

  • 謝罪:Sorryは日本語の「ごめんなさい」
  • 呼びかけ:Excuse meは日本語の「失礼します」
  • 感謝:Thank youは日本語の「ありがとうございます」

最後の挨拶は以下のようになります。

ありがとうございます。よい一日を
Thank you very much. Have a nice day.

良い時間を過ごしてください。
Enjoy the rest of your day.

またお越しください。
Hope to see you again.

また、海外に行くとHave a good one.もスーパーなどで言われることが多いです。

場所を説明する英語

スーパーマーケットで買い物する親子

スーパーマーケットでは場所を聞かれることが多いと思いますし、聞くことが多いと思いますので、これらの英語表現はしっかり覚えておきましょう。

お菓子はどこですか。
Where is the snack section?

あちらの右から3番目の通路です。
It’s on the third aisle from the right.

お菓子のコーナーは左の奥です。
The snacks are at the back to the left.

有機栽培の野菜はどこですか。
Where can I find organic vegetables?

コーヒーはどこにありますか?
Where can I find coffee?

青果コーナーの向こう側にあります
It is located just beyond the produce section.

乳製品を通り過ぎた左側にあります。
It is just past the dairy products on your left.

3番通路です。
It’s on aisle 3.

また、場所をたずねられたときは付き添ってご案内するほうが早くて親切で確実な対応です。

ただ、海外のスーパー(特に、アメリカやヨーロッパ)は驚くほど不親切ですので、このような対応をすると好印象を持たれると思います。

Follow me, please.
ご案内いたします。

This way, please.
こちらへどうぞ。

また、探していた物などを指して「こちらです」というときは以下のような表現を使いましょう。

Here’ it is. または Here you are.
どうぞ。こちらです。

Is this correct?
これでよろしかったでしょうか?

安売りに関する英語

ここでは安売りに関する英語フレーズをご紹介します。

今日は特売日です。
We have a special sale today.

果物のコーナーの商品が表示価格より5%引きになっています。
We offer a 5 % discount for fruits.

賞味期限が近いのでお安くしております。
This is on sale because it’s expiring soon.

試食の英語

スーパーでの試食

試食に関する英語フレーズです。

無言で渡すのではなく、一言添えるだけでもものすごく感じがよくなります。

試食してみませんか
Would you like to try a sample?

どうぞお気軽にお試し下さい
Please feel free to try one.

いかがですか。
Would you like a sample?

これは何ですか。
What is this?

カップラーメンです。
It’s a cup noodles.

どのようにして食べるのですか。
How can we eat it?

お湯を注いで3分ほど待ちます。
Pour hot water into the cup and wait for about 3 minutes.

試食ではないですが、会計前に食べることが別に悪くない国もありますので、食べている人を見つけたらこのようにいいましょう。

お会計の前に食べないでください。
Don’t eat food before paying for it.

売り切れ・在庫に関する英語

売り切れや在庫に関する英語フレーズです。

Sorry, it’s sold out.
申し訳ございません。ただ今品切れでございます。

This is what we currently have.
現在お取り扱いがあるのは、こちらです。

This is all we have now.
今ここにあるのが在庫の全てです。

One moment, please. Let me go and check our stock.
少々お待ちください。在庫を調べてまいります。

レジに関する英語

レジに関する英語フレーズです。

レジはあちらです。
There is a cash register over there.

列に並んでください
Get in line, please.

列の後ろに並んでください
Please go to the end of the line, please.

こちらの列にお移りいただけますか。
Could you move to this line?

レジでの支払いの英語

スーパーマーケットのレジ

レジでの支払いの英語フレーズです。

いらっしゃいませ、こんにちは!
Hi, how are you?

レジ袋は1袋10円です。ご利用なさいますか?
Plastic bags are 10 yen each. Would you like one?

ビニール袋はご利用ですか?
Do you need a plastic bag?

商品にシールを貼らせてください。
Let me put a sticker on the item.

ポイントカードはお持ちですか?
Do you have a rewards card?

合計は2,345円になります
Your total comes to 2,345 yen.

お支払いはどのようになさいますか?
How would you like to pay?

お支払いは現金ですか,クレジットカードですか
Would you like to pay in cash or by credit card?

あるいは、簡単にCash or Card ?でOKです。

おつりです。
Here is your change.

300円のおつりです。
Here is your 300 yen change.

今はスマフォで払えるところも増えてきましたので、このような表現も覚えておきましょう。

スマホで支払いたいのですが。
Can I pay with my smart phone?

お客様のQR コードを見せていただけますか。
May I see your screen?

こちらのQR コードを読み取っていただけますか。
Scan the QR code, please.

申し訳ございません。現金のみとなっております。
Sorry, no mobile pay. Cash only, please.

支払いの英会話【カード・現金・スマフォでの支払い】で会計の際の英語フレーズを詳しく学べます。

スーパーマーケットの英会話の動画 

上記の表現からよく使う表現をいくつかピックアップして、スーパーマーケットで使える英会話の動画を作成しました。

スーパーマーケットでの接客で必要な英語フレーズがクイックレスポンスとシャドーイングで学べます。

クイックレスポンスとシャドーイングについてのもっと詳しい解説は小売店・お店の店員さんのための接客英語・英会話を動画で学習をご覧ください。

クイックレスポンス

最初に日本語が流れます。

それを英語に直してみましょう。

その後に正解の英語が流れますので、確認しながら、リピートしましょう。

最初から最後まで間違えずに、日本語を見て瞬時に英語に直せるようになるまで何度も繰り返し練習しましょう。

最初から最後まで間違えずに、日本語を見て瞬時に英語に直せるようになったら、これらの表現を使えるようになります。

シャドーイング

画面を見ないで聞いた英語とほぼ同時に発音してみましょう。

毎日行うことを日課にしましょう。

スーパーマーケットの英会話が学べる書籍3冊

最後にスーパーマーケットの英会話が学べる書籍を3冊ご紹介します。

created by Rinker
¥2,000(2021/09/18 05:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはアマゾンでしたら、kindle版もaudible版もあります。

キンドルunlimitedのメンバーでしたら無料で読めます。

また、audibleは無料体験で1冊そのままもらえるので、実質0円で入手できます。

みんなの接客英語のaudible版

こちらはかなり太い本でスーパーマーケットの英語フレーズがたくさん載っています。

太いので、ちょっと持ち運びが不便です。

created by Rinker
¥1,320(2021/09/18 05:15:30時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはアマゾンにkindle版があり、kindle版のほうが多少お安いです。

おわりに

ここではスーパーマーケットの英会話を学習しました。

接客英語はhave など簡単な動詞をたくさん使っています。

これらの動詞を上手に使いこなせるようなることが上達の鍵です。

詳しくは接客英語に必要な基本動詞をマスターしよう!を参考にしてください。

英語圏ではない外国人の中には、英語が通じない方もいますので、いざというときに、ポケトークがあると便利です。

ポケトークは、互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話できる音声翻訳機です。

「対応言語」61言語を音声・テキストに、21言語をテキストのみで翻訳できます。

英語・中国語・韓国語といったメジャー言語はもちろんのこと、ベトナム語・ネパール語などといったマイナー言語にも対応しています。

海外旅行でも使えますので、一台あると国内外でとても便利です。

ポケトークの詳細は接客業にはポケトークが必須!または下記の公式ウェブサイトを参考にしてください。

POCKETALK(ポケトーク)

また、アマゾン・楽天・Yahoo!でも購入できます。

公式サイトでは旧版のポケトークWが半額以下でものすごく安くなっています。

タイトルとURLをコピーしました