インバウンドにおすすめのキャッシュレス決済端末【STORES 決済】

インバウンドにおすすめのキャッシュレス決済端末インバウンド・観光

日本に住んでいるとあまり感じないかもしれませんが、長く海外にいて久しぶりに日本に帰ってくるとクレジットカードが使えないことにとても不便を感じます。

これは外国人も同じです。

海外旅行するときに外貨に両替してじゃらじゃらお金を持って買い物・観光する時代は終わりました。

インバウンドに成功したい地域は早急にキャッシュレス化をすすめていく必要があります。

さもないと、せっかく外国人は買いたい・体験したいと思っているのに、円を十分持っていないために諦めることになり、キャッシュレス対応していないことは様々な場面での機会損失につながります。

ところでインバウンドにおすすめのキャッシュレス決済端末は「STORES 決済」です。

中国版のLINEといわれるWeChatはほぼ全員の中国人(約12億人)がアカウントを持っているといわれており、そんなWeChatの決済システムWeChat Payが使えるのが「STORES 決済」です。

「STORES決済」の公式サイト>>>STORES 決済 (旧:Coiney)

キャッシュレスで機会損失を防ぐ

クレジットカード

キャッシュレスの決済が実現すると、事業者にとっては現金取り扱い業務が削減でき、外国人観光客にとっては現金引き出し等の手間の削減や取引決済の安全性の向上などが期待できます。

しかし、日本のキャッシュレス決済比率を見てみると、比率自体は上昇基調を示しているものの、海外諸国と比較するとまだまだ低いといわざるおえません。

海外から久しぶりに帰ってくると、なんでこんなにクレジットカードが使えないのだろうと実感します。

特に、旅慣れた人であるほど、両替手数料の高い外貨に両替などせず、両替手数料が安いデイビットカードを使ったりして、キャッシュレスで旅をしています。

実際に訪日外国人が旅行中に困ったこと、最も困ったこと(出典:観光庁「外国人旅行者に対するアンケート調査」)によると訪日外国人が「旅行中最も困ったこと」として「両替・クレジットカード利用」はの4番目にランクインしています。

そもそも現金を持ち歩くことを防犯上好ましくないと考え、少額でもキャッシュレス決済ができる国が多いです。

そのような国から来た外国人は現金をあまり持ち歩くという習慣がないので、キャッシュレス対応をしていないとどんなにほしくても購入することができないということになり、大きな機会損失になります。

このように、インバウンドに成功したい地域にとってはキャッシュレス化は必須の課題といえるでしょう。

キャッシュレスでインバウンドに成功した水木しげるロード商店街の事例をキャッシュレス化のインバウンド成功事例【水木しげるロード商店街】で解説しました。

参考にしてください。

中国人観光客が多いところではWeChat Payの導入は必須

QRコード決済

アジア圏、特に中国人は、近年ではスマホ決済、すなわちQRコード決済をする人が増えています。

特に、「WeChat(ウィーチャット)/微信」が有名です。

「WeChat(ウィーチャット)/微信」とは一言でいうと「中国版LINE」のようなものです。

2011年1月に中国テンセント社が運営するインスタントメッセンジャーアプリとして「WeChat/微信」をスタートしました。

チャットはもちろん、ショッピング、チケット予約、オンライン・オフライン決済、配車や飲食店での注文から決済など様々なことができます。

現在12億の人(ほぼ全員の中国人)が「WeChat(ウィーチャット)/微信」のアカウントを持っているといわれており、月間アクティブユーザー数が約8億です。

WeChat Payの導入は、中国人観光客が多い観光地では必須といえるでしょう。

そんなWeChatを使った決済ができるWeChat Payができるキャッシュレス決済端末として「STORES 決済」があります。

「STORES決済」の公式サイト>>>STORES 決済 (旧:Coiney)

以下で詳しく解説します。

WeChat Payが使える「STORES 決済」

「STORES 決済」は小島さんのCMで有名ですので、上記のCMご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

WeChat Payが使えるというのが「STORES 決済」の最大の特徴ですが、ここではその他の特徴について解説します。

初期導入、固定費が¥0で利用できる

決済利用時に手数料(3.24%〜)は発生しますが、初期導入、固定費が¥0で「STORES 決済」を利用できます。

また、5月31日まで、通常価格19,800円のキャッシュレス端末が0円になるキャンペーンを実施中です。

こんなチャンスありませんので、外国人が戻ってくる前に端末0円キャンペーンを利用して万端な準備をしましょう。

詳しくは「STORES決済」の公式サイト>>>STORES 決済 (旧:Coiney)

持ち運べる

「STORES 決済」は、Wifi不要で利用できるため、テーブル決済はもちろん屋外、キッチンカーなどでの利用できます。

クレジットカード決済も、電子マネー決済も、QR決済も、「STORES 決済」の端末とお手持ちのスマホかiPadのみですべてできます。

海外ではクレジット詐欺(スキミング)が横行していますので、クレジットカードをそのままレジに持って行くことを嫌がる外国人の方も多いです。

そのためこのように気軽に持ち運んで、お客様の前で決済できるというのは、外国人観光客に安心感を与えることができます。

クレジットカードのタッチ決済ができる

キャッシュレス決済端末

クレジットカードのタッチ決済では、カードの挿入や暗証番号の入力で決済端末に触れることなく非接触でお会計ができます。

お会計時にカードのやり取りをする必要もありません。

コロナ禍でも安心です。

おわりに

インバウンドに成功したい地域は機会損失を防ぐために、早急にキャッシュレス化をすすめていきましょう。

おすすめはほとんどの中国人が使っているWeChat Payが使える「STORES決済」です。

5月31日まで通常価格19,800円の決済端末を1台無料でプレゼント中です。

5月31日までならまさしく無料0円でキャッシュレス化が始められます。

「STORES決済」の公式サイト>>>STORES 決済 (旧:Coiney)

タイトルとURLをコピーしました