接客英語にお困りの方に「生イングリッシュ」【LINEで質問し放題】口コミも掲載

生イングリッシュ接客英語全般

メニューを英語に直したいけれども、翻訳会社に頼むとすごく高いし。

「体をここで拭いてください」という注意書きを英語で作りたいけれでもどうしたらいいかしら。

お客様にDo you have the time?って言われたんだけど、いったいどう意味だったんだろう?

外国人観光客が多いところの接客業の方は多かれ少なかれ、このようなお悩みをお持ちだと思います。

英会話を習っても、すぐにそのようなことが解決できるわけではないし、誰かに相談したいなということが多いかと思います。

そのようなときに、とても便利なのが、LINEアプリを使って、バイリンガル講師陣に質問できる「生イングリッシュ」です。

「生イングリッシュ」の特徴

インバウンド関係の場合、その業種やそのお店に特有の英語が必要になったり、お客様とのやり取りで、どうしてもすぐに知りたいことも多いかと思います。

そのようなときに、LINEで気軽に質問することができます。

月2,980円で、質問は1日に何度でも可能で、文字数制限もナシということなので、英会話スクール1日分よりも安く, 皆様の専属の英語コンシェルジュを持つことができます。

「生イングリッシュ」メリット

各店・各旅館に合わせた独特の英語表現が気軽に質問できる

「これは英語でなんていうのですか」という質問はNGなので、最初に、自分で、あるいは翻訳ソフトなどで、メニューや料理の説明・注意書きなどを直してみて、そのうえで、よくわからないという表現をいくつか添えて、質問することができます。

質問は1日に何度でも可能で、文字数制限もナシということなので、数か月間の間だけ集中して、メニューや料理説明などを作りながら、わからないところをどんどん質問するという使い方ができますね。

飲食店での生イングリッシュの活用の仕方はこちら
生イングリッシュの活用法 | 飲食店の英語のメニュー・写真付き料理ファイルを作成!

英会話スクールと比較して、いつでも質問できる

こういったネイティブの表現なら、「英会話スクール」でも聞くことはできますが、レッスンのときしか聞けません。

今は24時間オンラインレッスンというのもありますので、そういったものを利用してわからないことを質問することもできますが、日本語がよくわからない外国人やオンラインレッスンの先生で一度も日本に来たことがない方だと、日本特有の習慣や料理など日本のことについて正しく解答するのは難しいでしょう。

各自のお店や旅館・業種に特化した接客英語を聞きたいなら、やはり「生イングリッシュ」が一番おすすめです。

わからないなと思ったら、LINEをすればいいので、便利です。

1時間以内に質問が返ってきます。

ただし、夜間、週末はやっていません。

実際に使われている英語を学べる

日本の中学校や高校で習う英語って、実は、実際に現地で使われている英語とかなりの隔たりがあります。


たとえば、こちらのWhat time is it now?(何時ですか?)

こんな言い方を通常はしません。

通常は

Do you have the time?

海外のカフェでパソコンで仕事をしていたときに、何度か聞かれたことあります。

また、こちらの挨拶も中学1年生、今なら、小学校で習います。

ただ、留学に行かれた方ならわかりますが、若い方同士だと、

What’s up?

を一番よく使います。

こういったことは、いわゆる英会話のテキストなどにも書かれていないこともあり、知らない方も多いと思いますが、ここではいろいろ気軽に質問できます。

次に、「生イングリッシュ」のデメリットについて見ていきましょう。

「生イングリッシュ」デメリット

次に「生イングリッシュ」デメリットについてお話しします。

翻訳NG

「生イングリッシュ」の一番のデメリットは翻訳NGということです。

そのまま「これ英語でなんて言いますか」と聞ければ、すごい楽ですよね。

ただ、他人に丸投げするとまったく英語力はつきません。

自分である程度、調べてから、「AとBでは、どちらが自然ですか」という形で質問するなら、自分の英語力もアップしますので、そういった意味ではデメリットではなくなりますね。

実際に英語で話す練習などはしない

英会話スクールのように、実際に英語を話す練習などはしませんので、英語が話せるようになるかといえば、できるようにはなりません。

「生イングリッシュ」は英語を使う必要に迫られて、困っている方がその都度、信頼のできる「英語コンシェルジェ」に質問するという使い方をするなら、すごく有意義なものになりますので、自分がどのように利用したいのかをまず明確にしましょう。

  • 英語サイトを作る際に、迷った表現などを質問したい。
  • 英語メニューや但し書きを英語で作ってみたが、自信がない箇所がいくつかある。
  • 夏の期間に、オーストラリアからの団体客が来るので、コミュニケーションに困ったら、相談したい。

「生イングリッシュ」の口コミ

英語について気になった点をLINEで気軽に尋ねることが出来るなんて夢のようです。講師の方は尋ねた事柄以外にも、有益な情報を教えてくださるのでとても勉強になっています。
日常的な英会話についての質問が主なサービスのようですが、「翻訳以外」の依頼であればある程度までは柔軟に対応しているようです。私が作った英文和訳の修正であれば対応してくださっています。英語の学習に関する相談も受け付けてくださっているそうです。男性 / 20代後半 / 2020年頃から 1〜3ヶ月間 / 中級  

質問し放題なので、簡単な質問も気軽にできるのがいいです。
またいろんな用途で使えるのもいいです。例えばドラマを見ていてわからない英語の表現について聞いたり、オンライン英会話の先生との会話で、英語でなんて言っていいかわからなかったことを聞いたり、英語学習に関する相談ができたり、テキストで勉強していてわからない文法を聞いたり、等々。女性 / 40代前半 / 2020年頃から 1〜3ヶ月間 / 中級    

質問をしてから基本的に1時間以内に返信がくるので、自分が英語を学習していて分からない時に質問するとタイムリーに分からないことが知れてよかったです。
女性 / 20代後半 / 2020年頃から 1〜3ヶ月間 / 初心者

質問の内容によっては、ネイティブに確認になるために、返信に時間のかかることがある点。
夜間、週末はやっていないため、質問の返答が翌日、翌月曜になる点。
女性 / 40代前半 / 2020年頃から 1〜3ヶ月間 / 中級

このように、皆さん高く評価しているようで、「翻訳以外」の依頼であればある程度までは柔軟に対応してくれるということですので、利用の仕方によっては、非常に便利なシステムです。

欠点としては「夜間、週末はやっていないため、質問の返答が翌日、翌月曜になる点」が挙げられています。

まとめ

インバウンド業界の救世主のようなシステムではないかと思います。翻訳などの丸投げではなく、自分である程度試行錯誤しながら、わからないところを質問するというのは、学習効果も高いです。

1日99円,1か月2,980円ですが、使い方によっては、ものすごいコストパフォーマンスが高いツールになります。インバウンド業界で接客英語が必要な方は、1か月とか3か月とか期間を決めて、一度ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました